医療脱毛で脇をツルツルにするなら吉祥寺の脱毛クリニックで


脱毛23

脇を脱毛しようと考えたとき、医療脱毛を選択する人が増えてきました。医療脱毛には他の脱毛法にはないメリットがあるからです。ここでは吉祥寺で医療脱毛を受ける方の目的、脱毛をしたいタイミング、脱毛前に行っておきたい処置などについて説明しています。

自己処理やエステ脱毛で悩みやコンプレックスが解決しない方は、医療脱毛を検討してみてください。

合わせて読む:顔の医療脱毛をするなら吉祥寺のクリニックに目を向けよう


脇脱毛にはエチケットとしての側面がある

脱毛31

脇のムダ毛が気になるという方は、女性だけでなく男性にも大勢います。日本人は化粧品にはお金をかけるけど、脱毛にはお金をかけないと言われてきましたが、脱毛先進国であるアメリカの影響もあって現在は脱毛をする人が増えているのが現実です。

脱毛はエチケットの一環でもあり、ボディを清潔に維持するだけでなく、周囲に対して不快感を与えないための手段でもあります。オリンピックやパラリンピックの選手たちの脇を見ると、男女を問わずにツルツルになっていることが多いでしょう。

これは生まれつき脇毛がないわけではなく、脱毛をしてツルツルにしているのです。家庭で行われている脇の脱毛法にはワックスを使用する方法がありますが、この方法はムダ毛の再生を抑えられません。繰り返し処理をしても生えてくるので、生涯において脱毛が必要になります。

エステでの脇脱毛に関しては減毛できるので、脇毛は段階的に減っていきます。しかし医療脱毛ではないので、短期間で大きく減らすのは難しいです。短期間で大きく減毛させ、さらにムダ毛の再生を強力に抑えるならば、医療脱毛を利用するのがベストです。

吉祥寺の脱毛クリニックでは、医療機関でしか使用できない医療レーザーによる脇脱毛を受けられます。

薄着をする季節になる前に脇脱毛を

蒸し暑い季節になると薄着になる人が多いですが、薄着は脇毛が目立つので困るという声が聞かれています。吉祥寺の脱毛クリニックでは、夏になってから脇脱毛を希望する人が殺到します。ただ脇脱毛は1回の処理で終わることはまずなく、4~6回以上はかかるのが一般的です。

毛周期に合わせて処理すると2か月に1回くらいの頻度になるので、8~12か月もかかってしまいます。夏になってから脱毛を始めても、すぐに劇的な効果を得るのは難しく、減毛を実感できるのは秋以降になるのが普通です。

今すぐにツルツルにしたい状況においては、ワックス脱毛で処理する必要があります。ワックス脱毛は結婚式前に脱毛をしたい人からよく選ばれる脱毛法で、粘着力の強いワックスでムダ毛をまとめて引きはがして処理します。

即日でツルツルにできるのがメリットである反面、ムダ毛を減毛させる効果はありません。脇毛そのものをなくすためには、医療脱毛が最も効果的です。脱毛をする年齢に関しては、肌が健康であれば何歳でも問題ありません。

近年の医療脱毛はローンに対応するところが増えているので、学生時代に脇脱毛を済ませる人も多いです。

なお医療ローンを利用できるのは20歳以上の方に限定されるため、高校生はローンを利用できません。高校生の場合は保護者の同意を得たうえで、保護者が料金を支払うという形での契約になります。

合わせて読む:吉祥寺でおすすめの医療脱毛ができるクリニックをチェック

脇脱毛の痛みを抑えるための工夫

吉祥寺の脱毛クリニックで脇脱毛を受けたら、他の部位の脱毛より痛かったという声は少なくありません。脇毛は体毛のなかでも太く、また皮膚が薄くて敏感なので刺激を強く受けやすいからです。痛みの感じ方は使用する脱毛機の種類、処理するときの出力、その日の肌状態などによって変わってきます。

日焼けしている状態は肌が敏感になっており、医療レーザーを照射するとヤケドに近い痛みを感じることがあります。痛みを抑えるためには、肌をベストな状態に保つことが基本です。そのためには日頃から頻繁に保湿をし、肌を乾燥させないようにしましょう。

脇は汗をかきやすい部分ですが、汗自体には保湿作用はそれほどありません。入浴中は一時的に保湿されますが、入浴後は速やかに化粧水を塗布しないと肌の水分が失われます。医療脱毛を利用する方は、少なくとも2週間前くらいからは保湿対策を徹底して肌を安定させましょう。

また紫外線をなるべく浴びないようにする、脇を洗うときにゴシゴシと擦らない、などの工夫も必要です。

合わせて読む:銀座や吉祥寺などの人気エリアで脱毛しよう!医療脱毛の魅力やクリニックの選び方

多汗症やワキガに悩んでいる方にもおすすめ

多汗症やワキガ体質の方は、大量の汗や臭いに悩まされているでしょう。これらの症状を解消するには切除術がベストだと言われていますが、症状がそれほど重度でなければ医療脱毛だけで対応できる場合があります。脇毛が多いと汗が蒸発しにくく、蒸れによって臭いも強くなる傾向があります。

医療脱毛でツルツルの状態にしておけば、脇の通気性がよくなるので蒸れによる雑菌繁殖をある程度抑えられるのです。

また脇用のデオドラントを使用する場合は、効き目が強くなるメリットがあります。

人は自分自身の体臭を過小評価してしまう傾向があります。周りの人に迷惑をかけるほどの体臭を放っていても、本人は気づかないというケースが少なくありません。ワキガは更年期になると強く出るようになる場合があるので、体臭対策のためにも若いうちに脇脱毛を済ませておくのがおすすめです。

脇毛がなくなれば脇を洗浄するときに脇毛の干渉を受けないので、しっかりと肌の汚れを落とせるようになるメリットもあります。

医療脱毛を受ける前に自己処理を

医療レーザーの照射を受ける前には、脇毛の自己処理が必要です。ただし毛抜きで抜いてしまうと、レーザーが毛根に届かなくなりますし、埋没毛を発生させる原因になります。自己処理には電気シェーバーを使用するのが基本で、これは肌への負担が小さいからです。

脇は湾曲になっているので、カミソリでは処理するのが難しく、肌を傷つけてしまうリスクもあります。医療レーザーはムダ毛を伝わりながら毛根に到達する性質があるため、抜いてしまうと脱毛効果をほとんど得られなくなります。

そのため自己処理をするときは脱毛ではなく、必ず除毛を選ぶようにしてください。なお除毛したあとも、脱毛後と同様に保湿ケアが欠かせません。

自己処理の面倒を解消してくれる医療脱毛

脱毛32

脇毛を医療脱毛で処理すれば、さまざまなメリットを期待できます。ムダ毛のコンプレックスが解消するだけでなく、多汗症やワキガの予防効果も得られるのです。医療脱毛を吉祥寺の脱毛クリニックで受ける方は、肌を保湿して健康な状態を維持しましょう。

肌が元気だと脱毛時の痛みを軽減できるので、特に敏感肌の人ほど意識する必要があります。